神戸で15年の
エステティシャンが作った
オリジナルコスメ販売中

エレクトロハンドエステ|スラン六甲道

北海道十勝地方の
シラカバ樹液配合
リフジェル(保湿ジェル)

スランオリジナル・リフジェル(保湿ジェル)
保湿、抗酸化作用のあるシラカバ樹液とシワ、たるみの改善の効果のある塗るボトックスと言われるアルジレリンを配合。使い続けるほどに効果を実感できるリフジェルとしてスラン・オリジナルコスメとして作っています。安心して使っていただけるように、パラベン、アルコール、鉱物油、香料、着色料、合成界面活性剤、全て無配合です。
<ご使用方法> お化粧水などでお肌を整えた後、2プッシュを首からお顔全体になじませ、気になる部分には重ね付けしてください。
80ml 7500円 生産地・北海道

エレクトロハンドエステ|スラン六甲道

有機ゲルマニウム
高配合の
クリアローション(化粧水)

スランオリジナル・クリアローション(化粧水)
32度でお肌に浸透! 保湿、抗酸化作用のあるシラカバ樹液とシワ、たるみの改善の効果のある塗るボトックスと言われるアルジレリンに加え、有機ゲルマニウムが高配合されています。有機ゲルマニウムは32度で電気を通す性質を持ち、お肌に有効成分を浸透させやすくします。抗酸化作用があり、血行促進、代謝を高めハリやリフトアップ効果が期待できます。安心して使っていただけるように、パラベン、アルコール、鉱物油、香料、着色料、合成界面活性剤、全て無配合です。
<ご使用方法> 洗顔後、1プッシュを手に取りお肌全体になじませてください
150ml 5500円 生産地・北海道

ご購入は、電話:078-891-9636よりお申し込みください
(電話番号をクリックするとダイアルします)

スカルプメニュー登場!

エレクトロハンドエステ|スラン六甲道

頭⽪とお顔は
⼀枚の⽪膚でつながっている!
毛穴を引き締め、
お顔も引き上げる

ヒト幹細胞培養液スカルプメソッド《アクティバート》の頭⽪のエイジングケアが始まります!!頭⽪とお顔は⼀枚の⽪膚でつながっています。頭⽪が⾎⾏不良状態の場合、お顔の⽪膚も影響を受けています。両⽅のケアをする事により、美しいお肌と髪を効率よく作り上げる事が可能です。まずは マイクロスコープを使い頭⽪をチェックします!次に、シャンプーでは落ちきれていない⽑⽳の汚れや、⽪脂詰まりをウォータークレンジングでしっかりと除去します。そして、スカルプローション(ヒト幹細胞培養液)で頭⽪のマッサージを⾏い細胞活性、⾎⾏を促進させ頭⽪環境を改善していきます。髪の⽑にハリがなくなってきた、抜け⽑、細⽑、頭⽪の匂いなどが、気になる⽅にもオススメです!!
>効果の出た写真をご覧ください

初めてのお客さま

初めてのお客さま|2000円引き

初めてのご来店のお客さま
施術2000円引き

神戸・六甲道のマンションの一室の小さなエステサロンです。完全予約制 ・女性専用サロンとなっております。お手入れでは、エレクトロハンド(低周波)トリートメントを中心に施術を行っております。スランではホルモン免疫栄養学のカウンセリングに基づき、内側からもアプローチしていきます。アレルギーやホルモンバランス、ストレス、体調の変化によって引き起こされるお肌のトラブルをしっかりと改善していきます。

日焼け止めの選び方

フェイシャルエステ|日焼け止めの選び方

・通勤や短時間のお出かけ
「SPF30 PA++か PA+++ 紫外線吸収剤フリー」
・屋外活動
「SPF40からSPF50 PA+++かPA++++ 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の混合タイプ」
お肌のためには使い分けが重要です

シミやシワ、たるみなど、お肌の老化による悩みは年々増えてきますよね。お肌の老化を早めてしまう大きな原因のひとつに紫外線による悪影響があります。紫外線からお肌を守る事がハリのある健康的なお肌を維持し美肌作りへの最大の近道だと考えています。
まずは、紫外線からお肌を守るために必要な日焼け止めの選び方です。通勤や短時間のお出かけでしたら、SPF30 PA++か PA+++ 紫外線吸収剤フリーと表記のあるタイプがおすすめです。
スポーツやアウトドアなど、長時間屋外にいて汗をかく場合はSPF40からSPF50 PA+++かPA++++ 紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の混合されているタイプがおすすめです。ぜひ、お肌のために使い分けをしてくださいね。

・「紫外線吸収剤」
汗や皮脂に強いが刺激が強い
・「紫外線散乱剤」
肌への負担が少ないが白浮きしやすい

<紫外線吸収剤>
紫外線吸収剤は、紫外線を吸収し、熱エネルギーに変えることで、肌への浸透を防ぐというものです。紫外線を吸収する際に、熱エネルギーに変えるという化学変化が肌への負担にもなると言われています。また、 紫外線を吸収することにより、酸化による肌への影響が高いため使用頻度が高くなると、肌のもつ基礎体力を損なう可能性があります。紫外線吸収剤は、SPFやPAの 高い日焼け止めに多く使用されています。SPFやPAの高い日焼け止めは、日焼けに対して非常に有効ですが長時間使用することで紫外線吸収剤が肌へ与える影響も大きくなりますので、注意が必要です。メリットは汗や皮脂にも強く長時間の日焼けに対して有効である。のびもよく使用感が良い。デメリットは お肌に刺激が強い。使用頻度に気をつけなければならない。
<紫外線散乱剤>
紫外線散乱剤は、肌を覆い、紫外線を反射して日焼けを防ぐものです。紫外線吸収剤に比べ、お肌への負担も少ないのが特徴です。ちょっとしたお出かけなど、洗濯物を干したりする場合であるならば紫外線吸収剤が少ないものや 含まれていないSPFやPAの低い日焼け止めを利用することで、肌への負担を防ぐことができます。メリットは肌への負担が少ない。デメリットとしては、白浮きしやすくのびが悪い。汗や皮脂に弱い。

・SPF「1」で20分程度。
「20」で6時間40分の抑制時間
・PAは4段階の紫外線A波(シワ・たるみの原因)防止効果

<SPF>
SPFとはサン・プロテクション・ファクター(Sun Protection Factor)の略です。 表記にはSPF20やSPF50などと書いてあります。紫外線の悪影響を、何も塗っていない素肌と比べた時に、どの程度の時間を遅らせることができるかということを示します。SPF1=20分程度。SPF20=20×20分=400分(6時間40分)程度。SPFは太陽を浴びる時間に対する抑制時間であって、日差しの強さに対する数値ではありません。
<PA>
PAとはプロテクション グレイド オブ UVA (Protection Grade of UVA)の略です。シワやたるみの原因や肌を黒くする原因となる、紫外線A波(UVA)の防止効果を示します。PAは「+」「++」「+++」「++++」という4段階で表され、多いほど効果が強いという意味になります。

洗顔の選び方

フェイシャルエステ|洗顔の選び方

固形は「石ケン素地」、
液体は「カリ石ケン素地」の
成分表記は
お肌への刺激が少ない

クレンジングの選び方の次は洗顔です!洗顔もクレンジング同様、洗浄力が高すぎると乾燥の原因になり、老化を早めてしまうかもしれません!! 皮脂を取りすぎない洗顔を選んでくださいね。
では、まず洗顔と言えば、、、固形石鹸、洗顔クリーム、液体洗顔などがあります。そして、石ケンは天然の界面活性剤です。ここからは《石ケン》= 天然界面活性剤(石ケン系界面活性剤)。《石鹸》 = 洗顔石鹸(固形)と、分けさせてもらいます。
界面活性剤とは、水と油、この混じり合わない性質のものを混ぜる(乳化させる)ことのできる物質です。その他にも泡立ちを良くするためにも、界面活性剤は配合されています。石ケンと界面活性剤の違いは、大まかに言うと石ケンはもともと偶然的に発見された自然界の産物を再現し作られたもので界面活性剤は最初から人工的に作り上げられたものなのです。
石ケンは、植物性などの油脂に苛性ソーダ(アルカリ成分)を加えて作ります。苛性ソーダも元をたどれば、天然の塩の原料で使われる原料や作られる環境いずれも自然界に存在するもので製造されています。よって、石ケンは天然の界面活性剤ということになります。
そして、界面活性剤の中でも石ケン系界面活性剤はお肌への刺激も少ないので洗顔を選ぶ際の参考にもしていただきたいと思います。
《石ケン系界面活性剤の成分表記》
固形石鹸は→石ケン素地と表示があります。クリーム、液体洗顔→カリ石ケン素地 オレイン酸K パルミチン酸K ヤシ油脂肪酸K ミリスチン酸 バルミトレイン酸 リノール酸。乾燥が気になる方は オレイン酸の配合量が多いものがおすすめです。皮脂の気になる方は、パルミチン酸の配合量が多いものがおすすめです。※成分表示は配合量の多い順番に表示してます。

洗顔クリーム(液体)の特徴

石鹸も洗顔クリーム、液体洗顔も全て、油脂とアルカリ成分と水、保湿剤からできています。
固形石鹸は、植物(動物)油を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)で煮て固めたものです。植物(動物)油は分解するとグリセリン(天然のアルコール)と脂肪酸が生成されます。この脂肪酸が使用感や洗浄力、泡立ちを左右します。
洗顔クリーム(液体)は植物油から分解されたグリセリン(天然のアルコール)を取り出し「精製した脂肪酸」を使用します。その脂肪酸を水酸化カリウム(苛性カリ)で煮たものが液体や洗顔クリームになります。*メーカーによっては精製した脂肪酸から固形石鹸を作っています。
洗顔クリームや、液体洗顔の製造メリット
その1>材料である脂肪酸は、種類や量を自由に配合して好みの硬さ、使用感・洗浄力・泡立ちなどを調整することができます。
その2>天然の油脂に不純物として含まれている不飽和脂肪酸や分岐状脂肪酸など、皮膚に良くない油分を避けることができます。
その3>純粋な成分で構成されるために脂肪酸とアルカリとの中和率を的確に計算でき、調整できます。

洗顔を選ぶポイント
石油系界面活性剤無配合で、
石ケン系界面活性剤を使用。
敏感肌にはアミノ酸系界面活性剤

まず、石油系界面活性剤無配合、石ケン系界面活性剤を使用している
<表示例>
カリ石ケン素地
オレイン酸K
パルミチン酸K
ヤシ油脂肪酸K
ミリスチン酸
バルミトレイン酸
リノール酸
石ケン系以外にもアミノ酸系界面活性剤もおすすめです。肌のバリア成分は残し 余分な皮脂や汚れは洗い流してくれます。 肌への刺激も少なく石ケン同様、環境にも優しい界面活性剤です。しかし、アミノ酸系界面活性剤は石ケンよりも 製造工程が長く、生産量が少ないので価格が高いモノが多いです。
アミノ酸系界面活性剤、 成分表記の4番以内に
◯◯グルタミン酸
◯◯グリシン◯◯ 
ココイルグルタミン酸Naは代表的なアミノ酸系界面活性剤で敏感肌の方には、アミノ酸系がおすすめです。泡で出るタイプの洗顔は、石油系界面活性剤を配合しているものが多いので、特に気をつけてください。天然や、オーガニック、弱酸性などお肌に優しそうな表記に惑わされることのないように洗顔選びをしてくださいね。そして、洗顔はモコモコふわふわの泡で優しく洗ってくださいね。

お化粧品には必ず入ってる
界面活性剤について
「石油系」界面活性剤はお肌に悪い

界面活性剤とは。。。
水と油。この性質の違うものを混じり合わせる(乳化させる)ためや洗浄成分の泡立ちをよくする働き
があります。
クレンジングだけではなく洗顔、シャンプー、ボディソープなど洗浄する製品には界面活性剤が入っています。その他にも化粧水や美容液、クリームなどにももちろん入っています。
化学的な処理で分けると天然界面活性剤と合成界面活性剤にわかれます。
天然、植物由来の界面活性剤は、成分表記に石鹸素地、脂肪酸Na、脂肪酸Kと表記しています。
その他、ほとんどが合成界面活性剤です。石油系や石油系と植物系を組み合わせたもの植物由来の合成界面活性剤などちょっとややこしいですよね。
わかりやすくする為に界面活性剤を6つに分けます。
>天然、植物系
>石ケン系
>アミノ酸系
>脂肪酸エステル系
>高級アルコール系
>石油系
その中で どれが、なぜ?お肌に悪いといわれているのか。
それは石油系界面活性剤です。まず、この成分の何が良くないのか?というと、『角質層を壊してしまう』と言われているからです。
肌のバリア機能に影響がでます。それは、界面活性剤がタンパク質を溶かし肌の表面にある角質細胞を少しずつ溶かしてしまうということです。
角質層の部分は『肌のバリア機能』の役割があります。
>水分が蒸発しないよう保湿
>外部からの異物や刺激をブロック
肌のバリア機能が壊されると以下のような症状が・・・
>水分が蒸発してしまうのでお肌がカサカサ、ヒリヒリ
>紫外線の悪影響を受けやすくなり→しみの原因となる
>刺激に弱く敏感肌に傾いてしまう
なんだか、界面活性剤って怖い感じしますよね。しかし、全てが悪ではありません。
特に注意が必要なのは石油系界面活性剤の中でも次の成分です。
>ラウリル硫酸Na(化粧品、シャンプーなどではもう使用されなくなっています)
 ↓↓↓
ラウリル硫酸Naに代わって今はラウレス硫酸Naが使用されています。
分子量が大きくなり肌への浸透を抑えることができたそうですが、あくまでもラウリル硫酸Naよりは、安全であるということです。

>ラウレス硫酸Na
>ラウレス硫酸TEA
>ラウレス硫酸アンモニウム
ラウレス硫酸と名のつくものは、洗浄力が強く、脱脂、必要な皮脂まで落としてしまうので成分表示に《ラウレス硫酸》と表記のあるものは注意してくださいね。クレンジング、洗顔、シャンプーやボディソープ、ハンドソープなど多くの製品に配合されています。頭皮もお顔の皮膚も一緒です石油系界面活性剤無配合の製品を選んでくださいね。

クレンジングの選び方

フェイシャルエステ|クレンジングの選び方

敏感肌の方や乾燥肌の方は
水溶性クレンジング

メイク(油)は水で落とそうとしても落ちにくいものです。水と油は反発してしまう性質がありますよね。そこで、水と油をまぜる(乳化させる)界面活性剤が必要になってくるのです。
クレンジングのタイプはこれらの油分と界面活性剤の量や、水の配合量によってクレンジングオイルやクレンジングクリーム、クレンジングジェル、クレンジングミルクなどタイプが変わっていくのです。
そして、界面活性剤が『お肌のバリア機能を壊してしまう!』なんて言われていますが、界面活性剤といっても色々あります。全てが悪いわけではありません。
しかし、毎日使うものですし、配合量は少ない方がいいですよね。
オイルの入っているクレンジングには界面活性剤が多く入っており、洗浄力が高いので、リキッドファンデーションをお使いの方などしっかりメイクの方にはいいのですが、やはりお肌への刺激は気になります。
界面活性剤の多く入っている順番に
クレンジングオイル→クレンジングクリーム→油溶性クレンジングジェル
水溶性クレンジングジェル→クレンジングミルク。
敏感肌の方や乾燥肌の方は特に水溶性クレンジングジェルやクレンジングミルクがおすすめです。
さらに言うとクレンジングジェルやクレンジングミルクで落とすことのできる日焼け止めやファンデーションを選んでみてください。 最近のクレンジングは低刺激でもメイク汚れはしっかり落とせるものが多いです。
将来のお肌のためにもクレンジングとファンデーション(日焼け止め)はセットで選んでくださいね。

>界面活性剤について

美容と鉄の関係について

フェイシャルエステ|鉄について

鉄分はしみやニキビを防ぎ
ハリをもたらしてくれます

女性に特に多い貧血
鉄欠乏性貧血:

血液中のヘモグロビン(Hb)濃度が低下した状態を貧血といい、貧血の中でも最も頻度の高い疾患です。
※ヘモグロビンは脳など体内の各部分に酸素を運搬する機能をもつタンパクであり、その合成には鉄分を必要とします。
症状として 全身の倦怠感 イライラ めまい 耳鳴り 動悸 息切れ 頻脈などがあります。
そして鉄不足は美容にも影響するんです!
鉄は皮膚や粘膜の合成に欠かせない栄養素でしみやニキビを防ぎ、ハリをもたらしてくれます。

美肌にはコラーゲン!とよく耳にすると思いますが、コラーゲンはたんぱく質の一種でコラーゲンを生成する材料として鉄+ビタミンCが必要なんです。
鉄分の多い食材として牛赤身肉 レバー カツオや赤貝など毎日は食べるのは大変ですよね
毎日少しでも鉄分を含んだものを食べる事が大切ですので
鉄分の多い順番に
バジル 青のり ひじき 岩のり いわしの煮干し ごま 切り干し大根 大豆 きな粉 味付けのり
など
毎日でも食べられそうなものですよね
食事をする時に これらの食材を気にしながら食べてくださいね
つづいては
《 しみ 》
できれば、しみのないお肌が理想ですよね
しみは紫外線などによって発生する活性酸素の影響を受けて、できてしまいます。活性酸素を除去するカタラーゼという抗酸化酵素がしっかり働いてくれていればシミを防ぐことができるのです。このカタラーゼを合成するために何が必要かと言いますと、、、
そうです。鉄が必要なんです!

出産後にしみが増えた!!なんて経験のある方も…
それは、妊娠や出産で鉄を一気に失いカタラーゼが合成できなくなってしまい、活性酸素を除去できず、しみができてしまうのです。しみを防ぐ為にもやはり鉄は必要ですよね。
他にも 口の周りからあごにかけてニキビが出やすい方も鉄不足の可能性があります。
美肌の為にもしっかりと鉄分を摂りましょうね

go top